pistachio55g blog

楽しいジャズユニット「ピスタチオ55グラム」bass担当 てつやのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原点回帰


ちょっとあたたかくなってきたころのサイクリング終わりのチョイス。ドイツのレーデンベルグ。日本でいうならキリンラガー?(味的にはヱビスかな)
「やっぱり」というかんじでおいしい。雑味のない王道、さすがですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 23:30:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<ちゃんとしたラーメン | ホーム | 自分へのご褒美…?>>

コメント

原点回帰。
自転車とドイツのビアのコラボですね!
お洒落です。(*^^*)
元気もらいました。(^-^)/

昨日は、突発的な出来事があり、落ち着かない一日で…(>_<)
  1. 2013/05/23(木) 18:37:50 |
  2. URL |
  3. 匿名さん #-
  4. [ 編集 ]

元気を伝えることができたら一番うれしいです。落ち着かない日ありますよね。僕なんかほぼ毎日そうです。39にもなってこんなにバタバタしている自分が心底嫌になることもあります。でも「人生はマラソン、完走が一番大事なこと」と思って無理はしません。しんどいことからは思い切って逃げます!いつか恩返しします、と思って今日の自分は許す…そんな繰り返しですね。こんなんで…いいのかなあ…。
  1. 2013/05/23(木) 23:31:39 |
  2. URL |
  3. てつやthebass #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。(*^^*)

ほんと!人生はマラソンそのものですね。
1秒後の奇跡があれば、1秒後にとんでもない事が起きたりと…。

でも、思う心があるのは幸せなんですよね!?(*^^*)
  1. 2013/05/24(金) 00:58:30 |
  2. URL |
  3. 匿名さん #-
  4. [ 編集 ]

Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky
You'll get by.

キツい時もありますが、どうにか笑顔が作れたらOK...と。

マラソンと思えば、些末なことが景色のように後ろに流れていくような気がしますね。ありがとうデス。
  1. 2013/05/24(金) 09:48:21 |
  2. URL |
  3. ♪ #-
  4. [ 編集 ]

まったくそうですね。宮本輝の小説に「ここに地終わり海始まる」というのがあります。スペインの端っこ(だったかな?)にヨーロッパ大陸の西の端、ということでそのタイトルにある言葉が記してある立札があるそうです。その小説ではその言葉を人生のすべての一瞬にあてはめて、すべての「今」から生き直す、というのをテーマにしてあるのですが、それを読んだときはすごく救われた気になりました。「こんなおれでもいいんだ、また頑張ればいいんだ」って。また機会があれば読んでみてください。
  1. 2013/05/25(土) 19:30:50 |
  2. URL |
  3. てつやthebass #-
  4. [ 編集 ]

話しがそれて申し訳ないですが、宮本輝が好きで、中学生の時から読んでいます。かなり影響受けてます。
他の方の感想を知ることができ、今、ちょっと感動しています。
ロカ岬...ポルトガル...だったかな。
近々読み返してみます。
  1. 2013/05/25(土) 20:21:08 |
  2. URL |
  3. ♪ #-
  4. [ 編集 ]

おお!僕もこんな話が通じて思わずニンマリです!そうなると読み返したくなりますね。宮本輝の作品って基本「喪失と再生」みたいなのがテーマで、前向きになれますよね。「泥の河」のせつなさ、「青が(ナントカ…大学生のテニスの話、トカゲも出てくる)」のエネルギー、「優駿」の人間臭さ…。明日古本屋にいこっと(^^)
  1. 2013/05/25(土) 22:00:13 |
  2. URL |
  3. てつやthebass #-
  4. [ 編集 ]

とか書きながら懐かしくなって作品を検索してみたら、あらあら懐かしい!忘れてた当時夢中になった名作がいろいろ出てきました。「ドナウの旅人」「海岸の列車」「愉楽の園」「道頓堀川」…う~ん、うれしい…。
  1. 2013/05/25(土) 22:05:14 |
  2. URL |
  3. てつやthebass #-
  4. [ 編集 ]

「泥の河」「青が散る」
トカゲのは「春の夢」!
「優駿」も懐かしい。

若い時には「星々の悲しみ」「愉楽の園」好きでした。
でも、タイトルをあげるのは...無意味かもしれません。
根底に流れるものが同じだから。
テーマからそれてしまってすみません。
  1. 2013/05/25(土) 22:16:02 |
  2. URL |
  3. ♪ #-
  4. [ 編集 ]

コメント考えてるうちに、先をこされてました(^^;)。
全部、いいですね。
どれからも影響受けてます。
  1. 2013/05/25(土) 22:19:23 |
  2. URL |
  3. ♪ #-
  4. [ 編集 ]

そうですね。「テーマはだいたい同じだな」と思って宮本輝は卒業!と全部売ってしまったのも思い出しました。でもやっぱり懐かしくい思い出します。どの作品もキャラの描写や個性づけがすごくうまいこと。その風景をとてもリアルに伝えること。「道頓堀川」のビリヤードのシーン、「優駿」のクローバーの色や種類、ホテルでの葛藤、「春の夢」の誰もいない部屋、柱のトカゲ、「ドナウの旅人」のヨーロッパ的町並みや人々…。39になって、20代のころ好きだった映画や小説を見返すのがすごく楽しいです。そのころは感じることのできなかったさまざまな人生の意味や悲しさ、幸せ、複雑さを感じることができるからです。また好きな本や映画について教えてください。共鳴できそうでもあるし、新しい発見ができそうでもありますね。ちなみに僕は作家でいえば初期~中期の村上春樹、映画ならヨーロッパのものがすごく好きです。
  1. 2013/05/25(土) 22:44:59 |
  2. URL |
  3. てつやthebass #-
  4. [ 編集 ]

すみません!自分ので終わってるものと思ってました。今、気づきました。
...でも、"宮本輝"でテンション上がったあの状態で、好きな本や映画のコト書いてたら醜態さらしてたかもです。
好きなものたくさんありすぎるので...。

手元にない本のこと、よく覚えていらっしゃいますね。私も、好きなものは、空気と風景で覚えていますが。

売ってしまわれたのですか!
...実は、私も「村上春樹は卒業!」と、ある時全て売りました。長いこと一冊も手元になかったんですが、昨年、近所のおばぁちゃんから初期のものを数冊譲り受けました。
あたりまえのことですが、著者が執筆されたのと同じ年代になって、はじめて感じることがたくさんありました。
映画もきっと同じでしょうね。

「コミットメンツ」ご存知ですか?
ハタチのときに、一度観たきりですがその時「私!ずっとこの映画好きでいたい」って強く思いました。ソウルとR&Bの名曲...ほとんど覚えてます。(サントラがあるからなんですが...ハハ)
ヨーロッパ映画もいろいろありますね。おすすめありましたら教えてください。私も、思いついたらまたコメント寄せさせていただきます。
私のブログじゃないのに...厚かましくも...でもうれしいです。
  1. 2013/05/27(月) 23:52:17 |
  2. URL |
  3. ♪ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pistachio55g.blog84.fc2.com/tb.php/351-be7047e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pistachio55g

Author:pistachio55g
関西を中心に活動中のJAZZユニットpistachio55gのブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (650)
その他 (4)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。