pistachio55g blog

楽しいジャズユニット「ピスタチオ55グラム」bass担当 てつやのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歳をとるのも悪くない。


若いときには「なんとなく」付き合っていたものが、その価値や意味や面白さがわかることってありますよね。僕にとってのそれは(バンドメンバーに教えてもらった)ジャズであり、(ホッシー師匠に教えてもらった)ワインの飲み方であり、自分でちょっと勉強したウィスキーの歴史であり、最近は(のだめカンタービレを読んでハマってしまい…)クラシック音楽であったりします。
人との出会いで今まで自分が知らなかった世界がぱっっと繋がるのは本当にうれしい発見だし、幸運すぎる人生のレベルアップだと思います。

さて、最近出会ったアメリカ人がいて、こいつがコーヒーが好きで、将来貿易やネット販売でコーヒーを売りたいという夢を持つ人なんです。その人に飲ませてもらった一杯のコーヒーが僕の価値観を変えました。色は紅茶のような琥珀色。香りには少し強めの酸味が感じられました。さて、一口ふくんでみると…んん、苦味はほとんどなし、香りから来た酸味は?…あれ、ない?その代わりにやって来たのはフレーバーティーのような甘酸っぱいフルーティーな自然なやさしい甘味あふれる味わい。こんなコーヒーが世の中にはあるんだなあ、とその初めての味は世間知らずの僕の心を虜にしてしまいました。美味しい、を越えて「不思議」でした。コーヒーって奥が深そうだなあ、と思ったときには一歩踏み出してしまっていたのでしょう。興味はどんどん膨らんでいって、初めてお店で豆を買いました。求める味と興味は確立しているので、説明によってこられた店員の方との会話も非常に楽しかったです。いろいろ相談したあげく、酸味が強く、苦味が弱くてフルーティらしい「グアテマラ」に決定。購入して家で豆をごりごりと挽くときには少しドキドキしました。飲んでみると、その友人に飲ませてもらったものとは全く違うものの、香りが華やかで、苦味がなく、飲み終わったあとの口の中の爽やかさが印象的でした。そのアフターテイストをずっとのんびり味わっていたいような、やさしい感じです。
世の中には僕の知らない面白いことがまだまだあるんだなあ、と思うと共に、今この瞬間に僕はその無数にある新しい世界へのドアを確実に一枚開けてしまったんだなと確信しました。未知なものに触れる好奇心と探求心というワクワクを感じながら。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/31(火) 22:10:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

pistachio55g

Author:pistachio55g
関西を中心に活動中のJAZZユニットpistachio55gのブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (650)
その他 (4)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。