pistachio55g blog

楽しいジャズユニット「ピスタチオ55グラム」bass担当 てつやのブログです。

「苦いバナナ」


ボウモア、やっぱりおいしい(*´ー`*)
先ほどのメールを書けたら飲みたくなって…という状態です。
ウィスキーの香りはバニラやハチミツやメイプル…などなどいろんな例えを引き合いに出されますが、ホンマに?と本を読んでいても思うことはあります。今回のタイトルはうちの娘達ににボウモアのグラスを匂わせて「どんなにおい?」と聞いてみた時の答えです。子どもっておもしろいですね(⌒‐⌒)

個人的にはロックで香りを押さえてしまうより、トゥワイスアップ(常温の水と1対1)でゆっくり豊かな香りと奥深い味を楽しむ…がいいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/28(水) 21:16:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「Bond…James Bond」


ウィスキーは楽しい。その製法や原料の違いはその土地の土壌と気候と歴史に他ありません。
ウィスキーを味わうとき、そんな人々が自然と対話しながら作ってきた歴史と必然性という重みのある味を感じます。この日飲んでいたのはボウモア。枯れた草木が堆積してできた「ピート」という土壌を燃やしながら…薫りづけ?いや、違うな…何かを乾かす?ん?忘れましたf(^_^)
とにかくスコットランドのスコッチウイスキーは草が焼けた匂いがします(^^)d
それを味わいながら最近の007の映画(タイトルはなんだっけなあ…)を観ていると主人公のジェームス・ボンドが組織のマザー的なM(エム)と一緒にボンドが生まれ育った(?)とかいう田舎に行くのです。おお、これか、これがピートか、これを燃やしてこんな薫りになるのだな(劇中で飲まれていたのはマッカランでしたが)、そう思うとうれしいですね。いつか行ってみたいなあ。そして現地の空気を吸いながら現地の歴史と文化と生活と想いの結晶である酒を飲んでみたい…。大袈裟ですが、人が想いを繋ぎながら生き続けていくのってすごいなと思うわけです。
  1. 2016/09/28(水) 20:54:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

pistachio55g

Author:pistachio55g
関西を中心に活動中のJAZZユニットpistachio55gのブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (648)
その他 (4)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する